包丁の柄だけの販売

包丁の柄だけでも販売されている

毎日の料理に欠かすことのできない包丁は、普通は一度買ったら何年もの間長く使い続けるものです。だからこそ自分に合った包丁を選んで大切に長く使いたいものです。包丁はその材質によって使用感が大きく変わってきます。最も大きな違いがさびる材質なのかさびにくい材質なのかということです。固い材質のものの方が摩耗しにくいため切れ味がよくて、切れ味が長く続きます。包丁の代表的な材質の鋼は硬さがあり切れ味の持続性にも大変優れた材質です。

ハガネでできた包丁は切れ味もよく、硬さがある材質なので、切れ味の持続性の面でも大変に優れています。さらに研ぎやすく、価格もステンレスのものと比較すると安い点も魅力です。研ぎなおしがしやすく、きちんと手入れをすれば長年快適に使い続けることができます。包丁は錆びるものなのだと考えることができるならハガネでできた包丁はお勧めです。けれども人によってはその逆にさびにくいものを望む場合もあります。その場合にはステンレス製の包丁を選ぶのがおすすめです。ハガネでできたものよりも価格が高いのですが、メンテナンスに関していうなら大変楽になるのが特徴です。最近ではステンレス製のものでもハガネに引けを取らないくらいの材質のものも出てきているので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

自分に合ったものを愛用して長く使っているうちに、握る部分が弱ってきたりぐらぐらしてきたりして壊れてしまうことがあります。握る部分が安定していないと、しっかりと切ることもできないし、安全に料理することができません。そんな時には握る部分だけを交換することができますホームセンターや刃物店に行くと包丁コーナーなどに柄が販売されています。交換してもらうこともできますが、がたついてきたり汚れているパーツを取り外して自分で交換することもできます。

錆びついて抜けにくいときには金槌でたたいて割ります。そして柄の中の部分の中子と呼ばれる部分のさびや汚れなどをサンドペーパーや錆び取り消しゴムなどを使ってきれいに落とします。中子のサイズに合わせて販売されている柄の中から合うものを選び、ねじれが無いように中子を柄に差し込みます。そして尻の部分を金槌でたたいて、中子を埋め込んでいきます。ちょうど良い部分まで入ったら取り換えの完成です。意外に簡単にできるので、自分でチャレンジしてみるのもおすすめです。柄を新しく交換することで、使い慣れた大切な包丁をさらに長く使い続けることができます。