柄を交換して長く使う

包丁の柄を交換して長く大切に使う

日本には四季を通して四季ごとのおいしい農産物や水産物が豊富で、様々な食材を持つ豊かな食文化があります。新しい季節になって新たに出てくる旬の食材を初物として美味しくありがたく食べるという習慣があり、タケノコや初鰹、マツタケなどは特に季節を感じる人気の高い食材です。こうした初物を既設の初めに食べることによって健康で長生きできるという言いつがえのある地域もあります。

こうした豊かな季節を感じられる旬の食材を美味しく食べるためには料理する人の技術が大切です。丁寧に下ごしらえし、食材の魅力を余すところなくおいしく食べるための料理作りには、包丁の存在がとても重要です。食べた時の食感を楽しんだり、歯ざわりやのどごしなどを楽しむというのも日本料理独特の味わいです。新鮮なものをよりおいしく食感よく食べるためには作り手の繊細な仕事と包丁が大きく関係しているのです。世界の中でこれほど細かい包丁使いなどを行う調理法はほかにはありません。そうした日本料理の伝統を陰で支えているのが包丁の存在だとも言えます。

包丁はプロの職人ではなく一般家庭でも一度購入したら何年もの間使い続けるものです。最近では便利な食材が簡単に手に入るためあまり料理に時間をかけないという人も少なくないのですが、やはり毎日の食事作りには欠かせません。包丁を選ぶ時にはその材質によって使用感が変わってきます。ハガネのものは錆びますが、きちんと手入れをすれば切れ味のよさや、切れ味の長持ちする度合いなどはとても高いのが特徴です。ハガネの包丁は切れ味がよくて硬さがあるため、切れ味の持続性にも優れ、研ぎやすいところと、ステンレス製のものと比較すると価格が安いのも魅力です。でもその逆にさびにくいほうが良いという希望があればステンレス製のものを選べば、錆びずにメンテナンスが楽になるのがメリットです。最近ではステンレス製のものでもハガネのものに負けないくらいの材質のものも出てきているので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

使い続けていくうちに柄の部分が弱ってくることがありますが、包丁店に相談すれば、柄の部分を交換してもらうことができます。歯の部分は普段からきちんと研いで手入れをしていれば5年10年はもちろん、長い人なら20年以上も長持ちすることもあります。新しい柄に交換することで、新しい包丁によみがえり、また活躍できるようになります。自分に合った材質の包丁を選び、大切にすればいつまでも長く使うことができます。