柄がかわいい包丁

柄のデザインがかわいい包丁


包丁を選ぶ時どんな基準で選べばいいのか迷ってしまうという人は少なくありません。種類や材質には様々なものがあります。形もいろいろなものがあって、本当にたくさんの中から自分に合ったものを選ぶには、まずは包丁にどんなことを求めるかということがポイントになります。包丁はどこの家庭でも使われる調理道具ですが、その研ぎ方をきちんと理解しているという人は実はあまり多くないとも言われています。

包丁は錆びてしまうものだと考えるならばハガネのものがおすすめです。ハガネは硬度が高く、切れ味がよいのが最大の魅力です。研ぎなおしが簡単にできるのもメリットで、きちんとメンテナンスをすることができればいつまでも切れ味の良い使いやすい包丁として活躍してくれます。さらに価格の点でもステンレス製のものと比較すると安いのも魅力です。反対にステンレス製のものはさびにくくメンテナンスが簡単なのは大きな魅力ですが、ハガネに比べると軟らかいので、一般家庭用としてはハガネをステンレスで挟んだ割り込み包丁に人気があります。価格はハガネのものよりも高価になりますが、メンテナンスのしやすさという点を考えると魅力的です。

最近ではセラミックの包丁もあります。セラミックのものは非常に硬い材質で錆びないうえ切れ味もとても良い点がメリットですが、基本的には家庭でセラミックの庖丁を研ぐのは難しいので、使い捨てになりがちです。ただし、セラミック製のものは切れ味のよさがかなり長続きするので、一般家庭で使用するものとしてはよい選択だとも言えます。

最近ではセラミック製のかわいいデザインの包丁などもかなりたくさん出回っています。柄と一体になったなめらかなデザインで、軽くて切れ味がよく、毎日のお手入れも簡単なところが人気の秘密です。金属の包丁では切りづらいような柔らかい食材もさっと切れるし、カラフルでかわいいデザインで、キッチンをカラーコーディネートしたいという人には人気があります。金属臭を出さないので、金気を嫌う食材を切るのにも最適です。柄の部分は緩やかにカーブして刃と一体化していて軽く握りやすく手になじむデザインになっていて、抗菌仕様になっているものもあります。

錆びることがないので熱湯消毒や漂白剤を使って除菌することもできるのでとても衛生的です。ただし価格はハガネやステンレス製の包丁と比較するとかなり高価になります。柄の部分が木でできているものは柄がダメになったら交換することもできますが、刃が一体型になっているものは柄の部分だけの交換はできません。